戦艦 大和CHILDREN ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

戦艦大和といえば・・・・ここ!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

戦艦大和CHILDREN Ver1.5

戦艦大和 艦長

有賀幸作

有賀幸作(あるがこうさく)・・・大日本帝国海軍の軍人。
最終階級は大佐(死後中将)、長野県出身。
海軍兵学校卒(45期)卒。
1944年(昭和19年)11月6日、大和艦長に着任する。
戦艦大和7代目艦長にして大和の最後の艦長である。
水雷戦隊の指揮官として経験を重ね、机上の理論より実戦での経験を大切にする当時としては数少ない軍人の一人であった。
豪放大胆な性格で、戦上手な指揮官として部下からの信頼も厚い人物であった。
見事な禿頭な上にヘビースモーカーで、部下から「エントツ男」とあだ名され、歯はヤニだらけだったという。
また、極度の水虫にかかっており、艦内でも草履を履いていた。
4月7日、坊ノ岬沖海戦にて米海軍空母艦載機386機の攻撃を受け沈没した大和と運命を共にした。
菊水作戦時の第二艦隊参謀長森下信衛とは同期。

『戦艦大和の主』を自称していた奥田特務少佐(当時第二主砲砲塔長。実戦配備された時から一貫して大和に乗艦していた)との逸話は有名。
少佐に激しく退艦を拒否されるが(その際、奥田特務少佐は「大和が死にに行くのなら、ワシが付いて行って最後を見てやらねばならぬ」と激怒し、艦橋に居た有賀の所に怒鳴り込んで行ったと云う)、有賀は怒り狂う奥田特務少佐に対し軍人勅諭を例に出しながら説得し、泣く泣く少佐は退艦、このことは戦後、奥田特務少佐の回想録に記述されていて事実である。
戦艦大和チルドレンTOPへ
私が月収100万円以上にした方法 全額返金保障付
過去の記事へ
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。