戦艦 大和CHILDREN ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

戦艦大和といえば・・・・ここ!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

戦艦大和CHILDREN Ver1.5

戦艦大和 装備

戦艦大和副砲 対空射撃について

大和型戦艦の副砲は条約型巡洋艦、駆逐艦などの突撃に対処するためのものだが、対空射撃には有効とは言い難く、副砲を全廃して両用砲に転換したノースカロライナ級やキングジョージV世級の方が設計に先進性があったという意見が幅広く見られる。
しかし、戦闘詳報によると遠距離での雷撃機等の迎撃に有効であるとの記述があり、一般に流布している説とは逆に、当の海軍は本砲の対空能力を非常に高く評価している。

大和型の副砲は、充分な数の護衛艦を持てない劣勢な海軍(米英以外の全て)が、敵の水雷戦隊を「魚雷を放つ以前の距離で迎撃する」ための兵装である。
つまり12.7センチ程度の小口径高角砲では、水雷戦隊阻止に充分な有効射程を持てないため、より大口径の副砲が必要という観点に立つものだ
高角砲の大口径化は、発射速度、砲の追従性など肝心の対空砲力を低下させるため、本末転倒になりやすいという弱点もある。

主砲を水雷戦隊の迎撃に使用する愚を考えるなら、その間、敵戦艦は妨害なく砲撃してくる、分離は一理あるという意見もあり、実際、サマール島沖では米駆逐艦ジョンストンが非常に近くに接近したため、主砲が撃てず副砲で撃沈している。

仏独伊が大和型と同時期に建造した戦艦でも副砲と高角砲は分離されている。
特にフランス海軍では、ダンケルク級で一旦両用砲を採用したが、両用砲は平射砲としても対空砲としても能力不足という判定から、次のリシュリュー級で、再び高角砲と副砲に分離しているという事実はあまり認知されていない。
実際キングジョージV世級の両用砲は、装填機構や砲の追従性の問題で対空射撃が困難であったと判定されているし、ノースカロライナ級の両用砲は、対水上砲として考えた場合、有効射程が短すぎて、駆逐艦の雷撃を阻止できない可能性が多分にあった。
誰が見ても合理的な両用砲だが、多くの海軍が採用しなかったのは理由があるのである。
戦艦大和チルドレンTOPへ
私が月収100万円以上にした方法 全額返金保障付
過去の記事へ
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。