戦艦 大和CHILDREN ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

戦艦大和といえば・・・・ここ!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

戦艦大和CHILDREN Ver1.5

戦艦大和 分析

大和、海上特攻の残した影響

戦艦大和の海上特攻の真相によれば、戦後になって流布された「特攻のさきがけとして死地に向かった」という特攻さきがけ説に、以下のような理由から、疑問が呈されている。

・当時の日本の象徴的戦艦は長門や陸奥であり、戦艦大和は極秘にされていたため、国民や陸軍将兵にとってあまりなじみがなく、インパクトがない。
大本営は戦艦大和の撃沈を新聞・ラジオなどでは大々的には伝えていなく、新聞には水雷戦隊の写真が掲載され、大本営発表では戦艦一隻撃沈とだけなされていた。

・戦艦大和以下第二艦隊には連合艦隊から沖縄に突入し敵艦船を撃滅する命令が出ているのであって、「天一海上特攻」といっても決して撃沈されることを目的としていたわけではない。
戦後、元連合艦隊司令長官豊田副武大将は戦艦大和の沖縄突入成功の確率は50%もなかったと証言したが、これは沖縄突入が成功する可能性を期待していたことを意味している。
沖縄突入命令にもかかわらず、戦艦大和が撃沈されると生き残っていた駆逐艦は、人員を一部救助したが、突入を諦めて、反転引き換えした。
連合艦隊は退却し始めた水雷戦隊の行動を追認するかのように、沖縄突入中止の命令を発した。
一億総特攻のさきがけにさせるつもりであれば、突入成功の採算は問題ではないのであるから、最後の一隻まで沖縄に突入させたに違いない。

以上から判断して、戦艦大和以下第二艦隊の天一海上特攻の目的は、特攻のさきがけではなく、戦艦大和の海上特攻は、菊水作戦の航空特攻の囮として行われたものと考えられる。
実際、第二艦隊出撃日から数日間が菊水作戦における特攻機出撃数のピークであったことも確認されている。
戦艦大和チルドレンTOPへ
私が月収100万円以上にした方法 全額返金保障付
過去の記事へ
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。