戦艦 大和CHILDREN ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

戦艦大和といえば・・・・ここ!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

戦艦大和CHILDREN Ver1.5

戦艦大和 艦長

大和の艦長(松田千秋)

松田千秋・・・戦艦大和3代目艦長。
旧制熊本県立鹿本中学校より海軍兵学校第44期入校。
入校時成績順位は100名中第89位、卒業時成績順位は95名中第14位。

松田は典型的な砲術畑の出身者で、駐米海軍武官補佐官、軍令部第1課員などの要職を歴任している。
標的艦「摂津」艦長として航空攻撃に対する操艦マニュアルを作成し、実戦部隊である戦艦「日向」「大和」艦長や第4航空戦隊司令官を務めた際もその経験を活かして活躍した。
戦艦「日向」「伊勢」を航空戦艦への改装を提案したのもこの人であるる。

昭和11年1月に当時の内務省警保局特別警察部が作成した『海軍士官要監視人物』なる極秘資料に松田の名が記載されている。
2.26事件に加担した陸軍青年将校の思想に同情的と見られていた為で該資料に掲載された海軍士官数名は事件後に予備役編入の処分を受けた。
また松田は日本海軍の駐米経験者では珍しく反米主義者だった。

総力戦研究所勤務時代には現在の「面接」のスタイルを日本で初めて導入したことで知られる。
戦艦大和チルドレンTOPへ
私が月収100万円以上にした方法 全額返金保障付
過去の記事へ
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。