戦艦 大和CHILDREN ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

戦艦大和といえば・・・・ここ!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

戦艦大和CHILDREN Ver1.5

戦艦大和 分析

大和は小さい?

大和を表現する言葉の多くに巨大戦艦として用いられる。
しかし、実際には大和は巨大であったかといえばそれは否であり、特徴はきわめて小さく作られた戦艦であるということができる。

大和の巨大という表現は排水量の大きさからきているが、排水量とは艦の大きさを直接表すものではなく、艦そのものの重さを表している。

大和の排水量が大きくなってしまったのは、1基(門160tの砲を3門)駆逐艦1隻分の重さがある主砲を3基も搭載している為、銃身が上に傾き、転覆の危険性を防ぐために幅を広く、装甲を厚くし、バランスをとった。そのために大和は重い戦艦となってしまった。

しかし、一番砲塔付近が低くなった独特の船型は、主砲塔の重量超過から復元性を確保していて、このような主砲の重量超過に関わらず、大和は排水量を小さく抑えることができた。大和のその戦闘力から見れば、8万t級戦艦以上になってもおかしくない戦艦であった。
戦艦大和チルドレンTOPへ
私が月収100万円以上にした方法 全額返金保障付
過去の記事へ
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。